台湾ローカルフードで押さえておきたい3つのポイント(ポイント1:注文方法)

前回はジューススタンドについて
お伝えしましたが、

次の台湾旅行で使えるシリーズは
小吃についてご紹介します

台湾のローカルなお店(小吃店)
だと、観光客が利用するような
レストランではないため、

お店に入るのに
躊躇してしまいがちです。

また、残念なことに、
この様なお店はガイドブックに
あまり詳しく書かれていません。

そして、台湾の小吃店では、
日本と同じような注文方法では
お料理が出てきません。

「小吃店」は、
台湾式の注文方法
などがあります。

そこで!これからご紹介する
3つのポイントを押さえておけば、

どこの小吃店に行っても
簡単に注文ができるようになります

ちなみに、小吃店(xiǎo chī diàn)は
手ごろな価格で中華料理を食べる
ことができる小さめのお店や屋台の
ことをいいます。

では、本日は3つのポイントの中の
1つ目をご紹介します

ポイント1:注文方法 

1. 店内で食べる場合は、
  気にせずお店の中に入って
    座りましょう。

2. 殆どの小吃店には、
    紙の注文票がテーブルに置かれてます。
  もし注文票がない場合は、
    他のテーブルの注文票を使いましょう。

基本的に、1枚の注文票に

・ 内用單(nèi yòng dān)
     ⇒ 店内用
・ 外帶單(wài dài dān)
     ⇒ テイクアウト用

の欄を設けてます。

お店によっては、
注文票の色がの二種類に
分かれている場合もがります。

今回は、注文票の色が
分かれているものを例にします。

注文方法_台湾ローカルフード_01.jpg

3. 注文票にはメニューが記載してます。
  
料理の内容は、麺類・ご飯類・
スープ類などのカテゴリーに分かれています。

食べたい料理を選んだら、
注文票の數量(shù liàng)の欄に
注文したい数を「正」の字で記入(数字でも可)。

なお、注文票の表示によっては、
數量ではなく、數份(shù fèn)の
場合もあります。

注文方法_台湾ローカルフード_02.jpg

4. 記入が終わったら、注文票に
    表示されてる桌號(zhuó hào)に
    自分が座っているテーブル番号を
    記入して注文票を店員さんに渡します。

5. あとは料理を待つだけです

注文の流れは以上です(๑•̀ㅂ•́)و✧︎

大体の小吃店では注文票に
メニューが書かれてるので、

注文の流れさえ
押さえておけば簡単です(๑•̀ㅂ•́)و✧︎

小吃店に行く機会があったら
ぜひこのポイントを押さえてくださいね( *ˊᵕˋ)✩︎‧₊

さて、次回は!
食材や調理方法などについて
お伝えします

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
  申請&フォローお気軽にどうぞ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

フェイダオのフェイスブック
(顔写真があり、定期的に利用している方は承認いたします)

フェイダオのツイッター
(フォロー返し致します!)

フェイダオのインスタグラム
(フォロー返し致します!)


~ ポッチとご協力お願いします。 ~

      
      
      




この記事へのコメント